ハロヅカヲタ、初めてテニミュを観てみた

いつも現場後Twitterに大量の壁打ちを投下するため方々から「早くブログはじめろ」と言われ続けてきた私ですが、ついに今日からはてブロ民デビューします。あれやん初めて観に行ったシリーズ流行ってるやん?便乗しようと思って(クズ)

そんなわけで友人たち、今まですまんかったな。しかしやっぱりTwitterの壁打ちも楽だからやめられないと思う。キッパリ

 

友人にテニミュ行こう行こうと誘われ続けて早数年、今回遂に果たしたぜテニミュ観劇デビュー!ちなみに先月末友人に「そういえばテニミュ見に行くとき交通手段どうする?」と訊かれるまでチケット取ってもらったことも忘れる清々しいまでの鳥頭っぷりを発揮した私は普段アイドルと宝塚界隈に生息しています。

ちなみに上記の友人、中学時代からのヲタク仲間なのですが当時からせっせとテニプリ単行本を貸し私をテニプリ沼に引きずり込もうとしてくれたいわば師匠のようないいヤツです。彼女がドリライDVDを見せ、テニミュ本編DVDを貸し、関連写真集や舞台裏密着映像まで用意してくれたにもかかわらず興味を示さなかった私のクズっぷりたるや。

 

そんなわけで友人がチケットを用意してくれた公演は9月11日対氷帝戦マチネ@福岡サンパレス。青学8代目の卒業公演ということも、氷帝は新キャストのお披露目ということも直前まで何も知りませんでした不勉学ゥ!さらに「一応氷帝戦の曲聴いて予習してる!!」と友人に伝えたところ「3rdほとんど楽曲変わったよ...」とも突っ込まれた。

そんな訳でグダグダな予習と予備知識だけで本当に着いていけるのだろうかと開演前は不安でいっぱいだった(日曜の激混み天神トラップにより開演5分前に会場着っていうのもあって)初テニミュ観劇...

 

めっっっっちゃ楽しかったです!!!!!!

 

すごいよすごすぎるよテニミュゥゥゥゥ!!!みんな跳んでるゥゥゥ!!!!

普段見る舞台が宝塚若しくは女子アイドル出演のミュージカルということもあり、まずキャストの身体能力の高さに度肝を抜かれました。なんなんあれ皆瞬足かバネ入りバッシュでも履いてんの?!オトコノコスゴイ... キンニクスゴイ...

OPのナンバーからプロ並みのブレイクダンスみたいな凄技の数々と圧倒的なスタミナを見せつけられ、私サーカスでも観に来たのかしらと錯覚するほど。しかもそれが約3時間続くしもうホントなんなんだあの人たち?!約30人のキャストがずーっと出ずっぱりで舞台上にいるわけなんですが、みんないつ水飲んで汗拭いて酸素吸ってるの...?マチソワ合計6時間跳びまくってるわけで、もうなんか信じられない...

しかも皆生歌?!想像を絶するほどの運動量で、しかもほんとさっきまで跳びまわってた人がいきなりピンスポ浴びて歌い始めるからもう訳わからねえ... いつ呼吸を整えたのかもわからない、ほんの一瞬で動きも気持ちも切り替えて朗々と歌い始めるから本当にビビりました。特に手塚パイセンやばい。あの人何者...?!

 

なんか、アレです。やっぱ現場とビールは生に限る。

これまで映像で見てきて想像したそのはるか上を行く楽しさで、終演後開口一番「ねえもっかい見たいってかBD買うわ」ってほどでした。そう私はミーハー。

今回友人が用意してくれたチケットが前から3列目の通路席近くだったということもあってこれ以上ないテニミュデビューを果たしました... ちなみに25日のLVもチケ押さえてもらいましたありがとうおとももち... 

新しい世界を知るというのはいつもとても楽しいことですが、テニミュの衝撃は本当に別格でした。この氷帝戦は生で観られて本当にヨカッタ... 何故こんなにも長い間愛され続けるのか、その理由のしっぽくらいは掠める程度に理解できたような気がします。

演者が本気だもの!観ているこちらは本当はその試合一つひとつの結果やテニプリという作品のストーリーを知っているはずなのに、舞台を見上げている間は全く忘れてしまう。ボールなんてどこにもないのに、コートの線など引かれていないのに、縦横無尽に動き回るライトの行方を追いかけ固唾を飲んで試合を見守る... 今までどこでも見たことのなかった全く新しいエンターテインメントと遂に出会ってしまった、と思いました。シン・ゴジラでも同じこと思ったな... 

 

そんなわけで以下ネタバレ含みます。他界隈ヲタが観たテニミュ感想雑記みたいな感じです。つまり壁打ち

 

・大石パイセンの3次元化がすげえ完成度高いなと思った。見た目という意味ではもちろん、原作を読んで感じていた爽やかさとか3次元に転換したらこんな感じだろうなっていう全身バランスがめっちゃ大石だった。特に氷帝戦一連を見守る大石先輩がそのまんま原作から飛び出てきた感じのくそ真面目さを醸していて絶品だった...

・不二くん役の神里くんの鼻がめっちゃ綺麗 鼻フェチ歓喜

・菊丸もウワア原作そのまんま...!感が凄かった、声と動き。成人男性があの声を3時間キープってすごくないですか?口角の上がり具合がめっちゃ2次元キャラっぽくてさすが菊丸の中の人だなって感じだった(?)

・1年トリオ可愛い...!!!カチロー役の篠原くん滑舌が甘いのか後半になるにつれてフガフガというか母音が抜け気味になるのホント可愛かった。退場時にもらえる柱巻でズッコケ3人組... もとい1年トリオ来てホント嬉しかった

・原作読んでた中学時代は忍足ファンだったので通路降臨で忍足が来たときは「遂にあの忍足がこんな近くに、しかも実体を伴って...!!!」という感動が凄まじかった。そういう点ではやっぱり2.5次元ミュージカルって夢があると実感しました

・がっくんのファンサ対応力がやばい。うちで言えばモーニングのフクちゃんとかまさに今全ツで名を馳せるキキちゃんみたいな感じかなあ。前列~3階、上下手満遍なく目線を配りお手ふりをし、幕が下りていくときにはしゃがむどころか倒れてまで手を振り続けてくれる北乃さん凄い...

・滝役の山﨑さんめっちゃお化粧が上手。目頭の切れ込みラインの入れ方がとっても上手で、しかも違和感なかったからナチュラルに目の幅倍くらいになってた。舞台化粧の上手い下手はこういう2.5次元ミュージカルでファンの夢を壊さないという点で結構重要なのかもしれんと感じた

・山吹のアホ可愛さ... 紅5的なチーム売りしてくれ、Dマガとかくれ。あとシンプルに辻さんの顔が好き

・セットがほぼない舞台ってあんなに広いんだ...!!!という新鮮な感動。左右だけじゃなく前後に高速で移動していくふくらはぎの眩しさ、プライスレス。全員競輪選手みたいな脚していて、顔とのギャップがやばい あとみんないいケツしてる... ぷりっ

・グラウンド脇にある階段(何て言う?あれ)が舞台に登場→氷帝メンバー続々登場→一斉に腰掛け場面転換準備の一連の流れ、宝塚で言う娘役の群舞の後ろで大階段を下りてき群舞に備える男役みあって最高にゾクゾクした

跡部やばい。三浦くんのバレエが本気すぎるぞ?!前評判で散々聞いてた「跡部やばい」、まさに私も一幕終了後それしか言えなくなった。三浦くんに関しては跳んでるというより最早飛んでるといった具合でジャンプ後の滞空時間もヤバけりゃピルエットの際前への顔残し具合がすげぇ。(語彙) 三浦くんがひたすらぐるぐるフェッテするDVDとか出たら無言で札束積みますよ。でも等身がOVA跡部くんでめっちゃ可愛かった

・とにかく氷帝のナンバー良過ぎ問題。ダンスのレベルも高いし、皆結構歌えるし、氷帝の校門のセットにはプロジェクションマッピングみたいなの投影されてるしで本気出しすぎでは... あの場面をひたすらリピートしたいがために円盤が欲しい。

・試合中のベンチ観察が出来るシステム最高。がっくんとじろちゃんの絡みがとにかく可愛すぎた... 特にじろちゃんはジャージ肩掛けアンドしゃがみこみ固定で大変あざと可愛らしく、こいつ自分の可愛さよく把握してやがるぜ... と思ったら今作でデビューとかいう思わず背筋が凍る情報を得ました。セルフプロデュース能力身につけるの早すぎん?!

・シャカリキファイトブンブン(以下シャカリキ)、脳内の全語彙を失わせる歌

・シャカリキ客席降臨中、舞台上に残った手塚先輩がめっちゃ真顔で真面目にシャカリキしてたのが本当に愛らしかった

・シャカリキししとりモーメント中の歓声が凄まじく、やっぱ何年経ってもヲタクししとり大好きかよとしみじみするなど

・シャカリキお手振りファンサタイムで隣のがっくんやじろちゃんがかわいらしくレス送りまくってるのに対し、前列のファンには一切目線を配らず彼方を眺めるばかりだった跡部先輩... それでこそ跡部すぎて百点満点花マルファンサだった

・シャカリキのあの指貫グローブ要るか?

・終演後サンパレス前の広場で柱巻交換するテニミュファンの図=ハロコンのガチャコレ生を交換するハロヲタすぎて謎のホーム感を感じた

・8代目乾にも受け継がれるウニ鬘

・ヅカでテニミュやるならリョーマ=あーさ、不二先輩=しぃちゃん これだけは譲れない(最早何の話)

 

そんな感じでした。話の長いヲタクでごめんな要はテニミュ最高って話だ!

行け越前~と猫駆除~が生で聴けて勝つのは童t... 氷帝!も出来てほんとおなか一杯大満足な初テニミュでした。三浦くんの跡部が観た過ぎるので次の六角戦も行くか...?と心が揺れているので誰かダメ押しの一打ください。そんな感じです。

せっかくブログも作ったことだしこれからも積極的に壁打ち投下していこうと思います。語彙と文才がないのが残念。では!